インターネットにて購入可能なピルの副作用は?

Bookmark this on Digg
Pocket

インターネットで購入することができるピルでも、処方を受けたものでも共通して言えることがあります。

それは副作用の問題ですが、副作用についてここでは見ていきましょう。

避妊以外の目的にも使用できる?

ピルはもともと避妊薬としての服用が一番効果があるとされているのですが、実はそれ以外にも効果があります。例えば毎月生理周期が崩れていた人は生理周期を整える効果があります。

また出血量が多く不正出血をしていた人も、それらを正常にする働きもあります。生理痛、月経前症候群がひどかった人にとっても効果があることでも知られているのです。

子宮内膜が分厚くなってから通常は月経するのですが、そうではなくて、分厚くならないうちに月経を起こしますので子宮収縮をさせない働きがあるのです。子宮収縮が起きないうちに月経が来るということは、それだけで月経痛を抑えることにもつながります。

気になる副作用は?

そして気になる複写王ですが、大半の人がむかつき、嘔吐、頭痛を経験しています。服用開始後数日に起きているので、しばらくは服用してからこれらの症状に悩まされる可能性があります。

しかしずっと続くわけではなく、継続するのも数日のことですので、それほど心配する必要はないでしょう。服用をし始めて数日のことと割り切って我慢することが重要ですが、余りにもひどく日常生活にも支障が出るというような場合には注意が必要です。体がこの薬になれないうちはこれらの症状があり一時的とは言っても日常生活に、支障が出る人もいます。

副作用が余りにも重い人は早めに医師に相談をする、服用をストップする必要があるでしょう。用量用法を守った上で医師の指示に従って服用し、それでも改善しない場合は服用を停止することをおすすめします。大半の人は一過性のものですので、しばらくすれば体も慣れてきて副作用の症状は現れなくなるでしょう。医師の指示の従っていれば安全で避妊の効果が高い薬ですので、まずは相談から始めましょう。

これから服用する人が一番気になることは副作用の問題です。副作用については理解しておくことはもちろんのことですので、ぜひしっかりと理解をした上で服用することをおすすめします。

インターネットで手軽に購入することができますが、注意点もありますので、その注意点をしっかりと理解した上で購入を検討しましょう。

Bookmark this on Digg
Pocket