ピルでこのような症状が出たら早めに受診しましょう

Bookmark this on Digg
Pocket

ピルをネットで手軽に購入することができるので利用している人も多いでしょう。

避妊目的以外の効果も期待することができますが、これから紹介する症状が出たら早めに受診することをおすすめします。

ホルモンを調整する薬である

この薬は避妊をする効果がありますが、いわゆるホルモン薬です。ホルモンをコントロールすることによって妊娠しないようにしていますので、ホルモンを補っていることによるその他の様々な症状も現れるのが特徴です。低用量ピルは副作用はそれほど大きくはありません。ホルモンの調整をするにしても低用量ならそれほど問題はないのです。しかし正常な体にホルモンを投与するわけですから少なからず異変はあるでしょう。

例えばですが初期によくある症状としては不正出血、頭痛、下痢、便秘、乳房のはり、めまいなどがあります。吐き気、嘔吐の症状が現れる人もいます。これらはホルモンを補ったことによる副作用と考えられます。服用後初期の段階でだいたい2ヶ月程度で収まると言われています。

ですが服用後に生活に支障が出る程の副作用が現れてしまった人はすぐに服用を中止したほうがいいでしょう。医師の診察を受けたほうが楽になります。

特に激しい頭痛や胸痛、息苦しさ、めまいで歩けない、むくみがひどい人は早めにストップして診察を受けましょう。人によっては血栓ができることがあり、その血栓が肺動脈を閉鎖してしまうことによって死に至ることもありますので、甘く見てはいけないのです。早めに病院へ行くことが重要です。

ネットで手軽に購入出来るだけに、これらの症状が出ても行かない人もいるのですが、行かなければ大きな影響を与えてひどいことなる恐れもありますので、注意が必要です。正しい添付文書を見るか、または口コミ、評判で実際に飲んでいる人の体験談を見ることも重要ですし参考になるでしょう。これらを見ることによって副作用の理解に繋がり正しく服用することができます。

正しい服用ができるようになれば、避妊以外にも様々な効果をもたらしてくれます。女性ホルモンを補うことにより、生理不順など女性特有のトラブルも改善させることにもつながるでしょう。

Bookmark this on Digg
Pocket